クリニックでED治療

ED(勃起不全)を改善する専門のクリニックをご存知でしょうか?

クリニック受付

クリニックでの採血はプライドを傷つける?

採血勃起不全などの症状が出てしまったという場合にクリニックを受診すると、その人の状態によっては採血による検査が行われることがあります。
これは診断の上で意味があるからこそ行われるのですが、中には「プライドが傷つくから行いたくない」という人もいるものです。
特に勃起不全という症状はメンタルが原因で引き起こされることが多く、そのため「ストレスのせいだ」と思い込んでしまっている人が多いのです。
ですが、現実的に考えて、クリニックでの採血は非常に重要な意味を持ちます。
一般的にこうした場での血液検査で最も重要視されるのは、血液の中に含まれるテストステロンというホルモンの濃度です。
これは男性に多く分泌されるホルモンであり、主に睾丸で分泌されています。
男性らしい身体つき、たとえばヒゲや筋肉を創るのに役立つほか、記憶力の維持や糖尿病への抵抗力など、さまざまな面でテストステロンは必要となるのですが、同時に重要な機能としてあるのが生殖機能の維持です。
ですが普段の生活や病気などによってホルモンバランスが乱れると、このテストステロンの分泌量が少なくなってしまっているケースが多々見られます。
もちろんこれだけで勃起不全が引き起こされるというものでもないのですが、引き起こされる原因としては無視できるような物ではありません。
もしそうしたホルモン系の異常が原因となっているのであれば、メンタルケアやED治療薬などの使用と並行してホルモンバランスのケアも行っていく必要が出てくるのです。
ホルモン分泌量に関しては採血による検査が最も確実に判断できるのですから、プライドが傷つくから行いたくないと言いつづけると原因の特定ができないことも出てくるでしょう。
ホルモン異常は放置しているとどんどん悪化していきますから、クリニックに行く時は採血も視野に入れておく必要があるのです。